• 永代供養墓が増え続ける首都・東京

    現在東京に居住している人のおおよそ8割以上は、基本的に地方からの移住者であると言われています。

    日本の暮らしが近代化するにつれ、家族や人とのつながりが希薄になり、古来から受け継がれてきた風習やしきたりが変わってゆくのも仕方がないことですが、ご先祖を敬う気持ちだけはいつまでも大切にしてゆきたいもの。
    しかし、生家を離れて東京に移住した人の中には、先祖代々のお墓が遠方にあり、なかなか手を合わせる機会がないという方も少なくないことでしょう。
    そんな時代背景の中で、『永代供養墓』という存在が脚光を浴びるのは、当然の流れと言えるかも知れませんね。

    東京の永代供養墓関する情報選びの耳よりな情報を公開しています。

    『永代供養墓』とは、その名の通り「永代にわたってお寺が供養をしてくれるお墓」のことです。
    ご親族の方は、最初に永代供養墓に申し込みをしてしまえば、その後の管理費やお布施、寄付金などを負担する必要がありません。お寺によって供養してくれる範囲は多少の相違がありますが、概ね親族の方が要望をお伝えすれば、それに見合った計画を提案して頂くことができます。


    こうした形の供養が増えているのは、多忙に追われがちな東京という都会の暮らしの中でも、ご先祖様を想う心は大切にしたいと願う現代人の心の表れなのかも知れません。最近では、ご自分が亡くなられたあとのご家族の負担を軽減するため、生前から「自分のお墓は永代供養墓でお願いします」と希望される方も増えてきました。

    @niftyニュース情報は見逃せません。

    こういった場合は、そのお寺への帰依や、護寺会への加入が条件となるケースもありますから、気になる方は最寄りのお寺に問い合わせてみると良いでしょう。
    時代と共にご供養の形は様々に変化しても、先人の魂を敬う気持ちだけは失わないようにしたいものですね。



  • 耳より情報

    • 永代供養墓とは永代にわたって供養、管理をしてくれるお墓の事です。地方出身だけれど、東京暮らしが長く今更田舎のお墓に入るのはどうかと思っている方、墓地墓石を経済的余裕がない方、墓守をしてくれる子供がいない方、子供はいても嫁に行っているので墓守をしてもらえない方、子供に墓守の手間をかけさせたくない方、身寄りがなくお墓を建てても無縁墓になってしまう方などにおすすめのお墓です。...

  • 予備知識

    • 永代供養墓は、地方出身者が多く慢性的な墓地不足や墓地の高騰が社会問題となっている東京では増加しています。永代供養墓の永代は、一般的な認識として永代供養を請け負った寺院が存続する限り何世代にわたり供養し続けるイメージがあり、辞書にも永代は永世とあり未来永劫の意味を有しています。...

  • 生活の秘密

    • 跡継ぎがいないことで、墓じまいをするか悩んでいる人もいるのではないでしょうか。子供や親戚がいても遠くに住んでおり、とても墓守をお願いできない状況だという人もいるでしょう。...

  • 納得の真実

    • 東京の永代供養墓は、建立された観音像や供養塔、石碑に合祀墓や集合墓、共同墓などの形で合祀供養されるタイプ、教室の後ろに設置されていたマス目状に区切られたロッカータイプ、下半分が収納で上半分が仏壇になっているタイプ、タワー式パーキングの様にコンピューター制御された自動搬送式、室内に通常の墓石を設置する全天候タイプ墓地など多種多様なタイプが存在します。しかし、基本的に高額な墓石と墓地を必要とする埋葬方法に比べてローコストとされていますが、特に東京は供養墓の所在地の人気や地域特性などの土地価格に準じて初期費用が設定されているので、選択される供養墓のタイプと所在地によっては従来の埋葬方法よりも初期費用が高額になるケースがあります。...